白髪染めトリートメントを使っちゃダメな人は?販売店に聞いてみた!



白髪染めのトリートメントは、白髪を染めながら髪の傷みを補修し潤いを与えてくれる商品なので、白髪染めの後に髪が傷んでパサパサする人や頭皮が弱い方におすすめの商品といわれています。

しかし、白髪染めのトリートメントだって、基本的には
毛染め用品ですから、頭皮に影響のある成分が含まれているんじゃないかと不安な方もおられるでしょう。

その不安を払拭するため、販売店に白髪染めのトリートメントの使用を避けた方がいい人
はどんな方なのかか、メールで問い合わせしました。


その回答は


【株式会社ヤマサキよりの回答(商品名:ラサーナ)】
アレルギーのある方やパーマ施術前はご使用をお控いただくようお願いします。


【プロ・アクティブよりの回答(商品名:髪萌)】
基本的には、通常のシャンプー・トリートメントで異常がなければご使用に差支えございません。使用時に、かゆみ・痛み等が発症した場合は使用を止めて、皮膚科の診察を受けてください。


【JCサービスセンターよりの回答(商品名:LpLp)】
LPLPヘアカラートリートメントは、肌に優しい成分を使用しておりますので基本的には、市販の酸化染毛剤(ジアミン)にアレルギーが起きた方も安心してご使用いただけます。(ただし、まれに、植物性の染料などに反応される方もいらっしゃいます。)


【養蜂堂オンラインショップよりの回答(商品名:玉髪)】
頭皮などのお肌に少しでも異常を感じている場合は、使用をお控えください。また、「合成香料」「アルコール」「鉱油油」無添加の処方ですが、すべての方に皮膚刺激やアレルギーが生じないというわけではありませんので、かぶれる体質であるかどうかを調べる「パッチテスト」を行うことをおすすめしています。


問合せの内容を見る限り、通常のシャンプー・トリートメントでアレルギーや頭皮の異常がなければ、特に使用の制限はないようです。 しかし、念のためにご使用の前には必ずパッチテストをおこなってから使用するよう心がけましょう。



早染めできるカラートリートメント!ヘアカラーの代わりに使うならコレ!



「海藻ヘアエッセンス」のラサーナから、遂にヘアカラートリートメントが登場! 詳しくはこちら>>



白髪染めトリートメントを使って異常が出てしまったら?




突然!頭皮の痛み、ぴりぴり、チクチクする、赤くかぶれた、湿疹ができた、湿疹から汁が出た、かゆみがおさまらない、皮がめくれる、顔が腫れた..など、こんな症状が出てしまったら。

まず、白髪染めが原因かどうかをチェックすることです。

白髪染めを利用している方なら、今使っている白髪染め成分にジアミン系薬剤が含まれていかを確認してください。

白髪染めやヘアカラーなどで、かぶれ、痛みなどの原因の多くはパラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなど、ジアミン系薬剤がアレルギー反応を起こす事により発症しますす。

白髪染めのアレルギーは、一度出たら、ジアミン系成分が蓄積されているため、かぶれが出た後に使い続けると、症状が悪化しますので、すぐに使用を止め皮膚科の診断を受けてください

敏感肌の人やアレルギー体質の人、ジアミン系薬剤が含まれている美容院や市販の白髪染め、ヘアカラーは基本的に使わない事が重要です。

では、非ジアミン系白髪染めって?

非ジアミン系白髪染めは、白髪染めトリートメント・植物染料のヘナ・お歯黒式白髪染め(非酸化染毛剤)・市販のヘアマニキュアなどがあります。

非ジアミン系白髪染めでオススメなのが、白髪染めトリートメントです。

手軽で、しかも、髪に良い成分が含まれていて、低刺激なので素手で使用しても問題ありません。

しかし、100%安全じゃありません。

使用前には必ずパッチテストをやってから使うように心がけましょう。

白髪染めトリートメントには、基本的には頭皮のかぶれ、痛みなどを発症させる成分は含まれておりませんが、白髪染めトリートメントを使用して、頭皮のかぶれ、痛みなどを感じた場合は、別の原因が考えられます。

速やかに皮膚科の診断を受けてください。




髪や頭皮にのダメージを与えない低刺激の安全な白髪染めトリートメント



ラサーナ
一般的なヘアカラーは脱色して染色しますがラサーナは脱色せずに染色します。脱色せずに染色するので地肌と髪へのダメージが少ないです。他社製品と比べると、天然色素にこだわってあり髪色がより自然なカラーリングとなりそうです。



早染めができるカラートリートメントで、ヘアカラーの代わりとして使うならコレ!  詳しくはこちら>>





髪萌ヘアカラー
肌についたクリームはお湯で簡単に落ちるので、素手で扱え、気になる生え際までしっかり塗りこむことができます。年齢を重ねても、ハリ艶のある若々しい髪を保つヘアーカラートリートメントです。



素手で使えるのにしっかり染まる!使うほど髪がツヤツヤするトリートメント効果あり。  詳しくはこちら>>



市販の白髪染めトリートメントとネット販売限定の白髪染めトリートメントの違いは?




各販売店に「白髪染めトリートメントを使用しない方がいい人は?」の問合せと合わせて「御社の白髪染めトリートメントの商品は、市販で販売されている商品とどこが違うか」を聞いてみました。

【株式会社ヤマサキよりの回答(商品名:ラサーナ)】
ラサーナのヘアカラートリートメントの特徴といたしましては、脱色せずに徐々に染色いたします。そのため、地肌と髪へのダメージが少ないうえ、髪の内側と外側をダブルで染める2種類の染色成分を配合いたしており、一般のカラートリートメントにありがちな「染まりにくい」というマイナス点を払拭いたします。髪内部まで浸透してしっかり染めるため、退色しにくくなっております。

ラサーナ:公式サイトはこちら


【プロ・アクティブよりの回答(商品名:髪萌)】
こちらの商品は、頭皮の優しい12種類の植物由来エキスの育毛成分配合となっております。髪はもちろん、頭皮にも優しいのでしっかり根元まで揉み込んで、長めに時間をいいていただいても大丈夫です。一度で染まる毛染めではございませんので、すぐにしっかりと染めたい方にはおすすめできません。染まるまでに回数がかかっても、髪に艶を出したい方、頭皮に負担をかけたくない方には大変ご好評いただいております。

髪萌:公式サイトはこちら


【JCサービスセンターよりの回答(商品名:LpLp)】
LpLpのヘアカラートリートメントは「PH8」で微アルカリ性ですので、キューティクルを傷まない程度にほんの少しだけ開いて色素を絡ませた後、フコイダンの保湿効果と海洋深層水のミネラルで補修します。<染まりやすい! ・色落ちしにくい! ・髪を傷めない!>が特徴です。

LpLp:公式サイトはこちら


【養蜂堂オンラインショップよりの回答(商品名:玉髪)】
シャンプー後の髪にお風呂でご使用いただくトリートメント効果のある白髪染めです。染毛剤と異なり、髪の表面を着色する方法です。使い続けることで、よりハリ、コシ、ツヤをご実感いただけ髪がふんわりとしてボリューム感も出てくるヘアカラートリートメントです。

玉髪:公式サイトはこちら




アレルギー肌や敏感肌、頭皮が心配な方には、利尻ヘアカラートリートメント
無香料、無鉱物油・完全刺激成分なし。北海道産利尻昆布から抽出されたフコイダンが主な成分で、育毛効果など期待。薄毛傾向で白髪染めをお考えの方にオススメ! もっと詳しく知りたい方は…





市販の白髪染め商品をガチテストしました。




市販白髪染めテスト方法

白髪を想定した、黒髪と白髪の交ざった毛束を用意

①染まり具合をェック
説明書通りに2つの毛束を染める。きちんと白髪が染まっているか、色昧が出ているかをテェック。

②色落ち具合をチェック
毛束の片方をシャンプーで15回洗い、色落ち具合をチェック。

「発色」「色落ち」「扱いやすさ」「コストパフォーマンス」の評価を基に、A~Cで評価した。


【テスト結果】

白髪染めで大切なのは、第一に白髪が染まる、ということ。

それから、染まった白髪と黒髪のバランス、色保ちのよさの3つだろう。ということで、白髪の染まり具合を中心に、これら3つの視点から、白髪染めのテストを行った。

白髪染めにはクリームタイプやジェルタイプ、最近はやりのムースタイプなどがあるが、今回のテスト結果を見るに、明るい色よりナチュラル系の自然な色味が得意なようだ。

明るい色味のものはあまり染まらなかった。

特に染まりがキレイなおすすめは、花王のブローネ。

シャイニングコームジェルをはじめ、全般的に優秀な仕上がり。

ウエラトーン2+1クリームタイプは、サロンと同等のクオリティ。

さすが、プロ用途のヘアカラーもつくっているだけのことはある。

一方、白髪がうっすら程度にしか染まらなかったのは、トワニーのトリートメントファッションカラーや、CMでおなじみのシエロなど。

特にシエロはジェルタイプ、ムースタイプ、クリームタイプいずれもしっかりとは白髪が染まらず。知名度も抜群なので、がっかり度は高め。

このページの先頭へ